ヒアリングマラソンの学習計画を立てる

こんにちは、rincoです。

12月に申し込んだヒアリングマラソン、1ヶ月目の教材が届きました。

【公式】「1000時間ヒアリングマラソン」今なら旅行券10万円分などが当たる!

お正月、ゴロゴロと堕落した生活をしていたら、

年賀状に紛れて(というか、むしろこっちのほうが存在感ありあり)

ポストに入っていました。

おかげで、ちょっとだけ正月気分が抜けました。

これが教材一式。

hearingmarathon201902

あ、CDに私の手が写り込んでいる……(汗)

メインテキストとCD2枚(1枚はマンスリーテスト用)、English Journal(CD付)です。

テキストの中身については、公式サイトにてご確認ください。
「1000時間ヒアリングマラソン」

ENGLISH JOURNALは、インタビューやエッセイなどが、

英語と日本語で載っている雑誌です。

日本語部分だけざっと読みましたが、

興味のある内容も多く、なかなかおもしろかったです。

学習計画を立てる

教材は届いたけれど、講座のスタートは10日からということで、

専用サイトの機能が、まだ一部使えない状態だったので、

まずは、学習計画を立てることにしました。

申込み後に送られてきたコースガイドと今月号のテキストに、

計画の立て方や学習の進め方が載っていたので、それを参考にしながら。

1000時間ヒアリングマラソン。

その名のとおり、1年間で1000時間、1日3時間というのが、

最短で最も力がつくということで推奨されています。

ですが、続けることが大切ということで、1日1時間半で2年間で1000時間、

あるいは、平日は短時間で週末にまとまった時間を取るのでもOKとありました。

英語学習に充てられる時間は?

まずは、自分の1日生活を振り返って、

英語学習に充てられる時間を考えてみました。

すきま時間や、ながら学習も取り入れれば、3時間の捻出は可能。

ただ、私の場合、文字起こしで1日中音声を聞いていることも多いので、

そこへさらに3時間、集中して音声を聞くことができるかが問題になりそうです……。

教材の進め方を決める

ひとまず1日3時間は捻出できそうなので、

次は、どう学習を進めていくかを考えてみました。

コースガイドに載っていたレベル別の学習プランも参考にしながら。

テキストには、難易度と所要時間の目安が書かれているので、

ざっと書き出してみました。

一通り全部やるのに、12時間ぐらいかかりそうです。

聞き取れなくて繰り返し聞いたり、復習することを考えても、

20~30時間ぐらいみていれば、十分でしょう。

そして、1日3時間という時間は、

教材以外の音声でもOK(※ただし、意味を理解しようとして聞く必要あり)ということなので、

まずは、コースガイドに書かれていたとおりにやってみることにしました。

1時間はテキスト。進め方は、冒頭、初級レベルから順番に。
1時間は、ENGLISH JOURNAL。
1時間はその他の音声。

日々の計画に落とし込む

学習方針が決まったので、さらに細かく計画を立てていきます。

といっても、テキストの所要時間を見ながら、

1日1時間を目安に割り振っていくだけです。

ENGLISH JOURNALは目安時間が書いていないので、

学習コーナーを中心に難易度順に1日1コンテンツ。

時間が余ったら、他のコンテンツを聞く。

残りの1時間は、その日の予定や調子によって柔軟に。

テキストやEJの復習に充てたり、

Podcastの英語のチャンネルやNHKの語学アプリを使ったり。

時間のあるときは、海外ドラマや洋画を英語で見れば、

あっという間に1時間過ぎてしまうかもしれません♪

終わりに

1日3時間と聞くと、「うわ~!そんなにできるかな」と不安でした。

けれど、学習計画を立てていくうちに、これならできそうという思いが出てきました。

何より、テキストの所要時間が思ったより少なかったことに、ほっとしました。

目標は1日3時間。

まずは継続することを意識して習慣づけということで、

テキストに取り組む1時間だけは、まとまった時間を取ってしっかり集中したいと思います。

最低限、テキストはやり遂げます!

残りの2時間は、すきま時間やながら時間も活用しながら積み上げていきます。

テキストも、時間の記録も10日からスタートする予定ですが、

実は、Podcastなどを使ったリスニングは既に始めています。

ながらでできそうな時間を探して試している感じですが、

家事をしながら聞くことで、そこそこ時間が確保できています。

聞き流しは時間にカウントはしませんが、

この記事を書きながらも聞き流しています。

ではでは、今回は、学習を始める前に、計画を立てるところまで。

結果は、また1カ月後くらいに、書きたいと思います。

スポンサーリンク
Rincoレクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Rincoレクタングル